トランシーバーとはどういうものなのか

無線機大活躍

トランシーバー

無線大活躍TOP>トランシーバー

トランシーバーというのを聞いた事がある人は多いのでは無いかと思います。私も無線機と言えばトランシーバーが思い浮かぶぐらいですから、イメージとしてはこのトランシーバーと無線機は近いのかもしれませんね。しかし少しトランシーバーを調べてみると以外にも、私達が想像しているトランシーバーとトランシーバーの定義は少しズレがあるようです。そんなトランシーバーについて見ていきましょう。

トランシーバーとは

トランシーバーと言えば、片手で操作するタイプのモノを想像するかと思います。私はこのタイプの事をトランシーバーと呼ぶのだと思っていましたが、実際にはトランシーバーと言うのは、無線通信をする際の送受信機の事を言うそうで、送信機のトランスミッターと受信機のレシーバーを組み合わせた言葉だそうです。と言うことは、片手で扱うことができるトランシーバーだけではなく、送受信のできる無線通信ができるものは大きくても、小さくてもトランシーバーと呼ばれるそうです。これは知りませんでした。しかし受信機と送信機を別々にしているよりもはるかに使い勝手もよく、かつ小型化されている物もあるようなので、この二つの機能が一つになっているトランシーバーはかなり便利になっているのではないでしょうか。

特定小電力トランシーバー

そんな受信機と送信機の機能を合わせ持つトランシーバーですが、その中には特定小電力トランシーバーと呼ばれる物があります。これはいったいどういったものなのでしょうか。

日本では電波を使用した通信を行なう場合に資格が必要になるそうなのですが、この特定小電力トランシーバーは最大出力が決まっているそうです。この特定小電力トランシーバーはアマチュア無線機のように資格が無いと使用できないといったことが無いそうなので、なんと免許が無くても使うことができるトランシーバーのようです。と言うことは、おもちゃ屋さんなどで売っているものもこの特定小電力トランシーバーの仲間に入ると言うことになるのでしょうか。

なんか資格を取ってまで無線をしなくてもこの特定小電力トランシーバーがあればいいのではないかと思いましたが、皆さんはどうでしょう。使い勝手もよくて資格も必要ない、それならこれで十分でしょう。と思いましたが、やはり大きな違いが存在していました。それは通信距離の違いのようです。やはり出力に制限があるので、その通信距離も尼竜亜無線などと比べるとはるかに短いようです。

公園や室内など近い場所での使用なら問題ないかも知れませんが、これが何キロも離れた所での通信といった場合には、やはりそれなりの物で無いといけないということなのですね。

『トランシーバー』 最新ツイート

@terryonoda

もう6年。まだ10年。11年前の年賀状。そこに大好きの原点を見つけスゴク嬉しくなったことを思い出す。それがここから1000mも離れていない。また1年365日引く100日の間、少なくとも8時間は二人が好きなトランシーバーで話ができる… https://t.co/k2RKOs9YOf

12分前 - 2017年12月16日


@Lov3_gazou_bot

説明しよう! アラハバキは!! 自らに通信機能が搭載されているため トランシーバーを使わずに 単体で『ドラゲナイ』出来るのだ!!!!

16分前 - 2017年12月16日


@mittaso

かなり前に当社移転した際、イエローケーブルのターミネーターやらトランシーバーやらがゴロゴロ出てきて、ゴミとして処分されたけど、ジャンク屋で箱1つ数千円で取引されることがあると聞き、宝とは本当に眠っているものだとしみじみ https://t.co/2UoytEBUpC

46分前 - 2017年12月16日


おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2015/10/5

Copyright (C) 2009 無線大活躍 All Rights Reserved.